News

豆の華のパッケージデザインへのこだわり

豆の華のパッケージをお願いした、デザイナーの深川さんに聞きました。

~大切にしたのは、和の感性を伝える「日本らしさ」~

パッケージに使われている図柄は、
職人の手により繊細な湯葉がくるくると巻かれた姿と、
湯葉が幾層にも重なる様子をそれぞれ描いたものです。


基調となる色は「素」の白と「玄」の黒で光と陰を表現し、金色が華やかさを添えています。
日本人は古来より素材そのままの色を白と捉え、西洋紙の白さより和紙の白さに温かみを感じます。


湯葉缶詰を包む小箱は「素」の白、そして小箱を優しく包み込み守る外箱は「玄」の黒。
外箱の表面は霞がかった文様がうっすらと見える陰影のある仕上がりにしています。

シャンパンやオリーブオイルなどヒロ・コーポレーションが取り扱う商品は、どれも上質なものばかり
です。上品な贈答用としても「豆の華」湯葉缶詰をお選びいただけるように、という思いでデザイン
しました。

最新ニュース一覧